漢方無料健相談の八仙堂としてご利用ください
薬局開設許可:医薬 第21-302-008号

サイトマップ 個人情報保護方針
HOME 漢方相談 漢方処方 生活養生法 漢方基礎知識 通信販売お問い合わせ

肌とpH値の関係

肌の酸性とアルカリ性を判断するpH値

pH値とは、酸性とアルカリ性の度合を0〜14までの数字で示したものです。
中間のpH7を中性、それより大きい値をアルカリ性、小さい値を酸性といいます。。
皮膚のpHとは正確には皮膚表面の皮脂膜のpHをさし、健康な皮膚のpHは4.5〜6.0の弱酸性です。
健康な肌の方のpHを基準として、脂性肌の方ほどpHが酸性(4.5)、乾性肌の方ほどpHがアルカリ性(6.0)に傾いています。
                           健康な肌
                      ※1 洗浄で皮膚のpH値はアルカリ性(pH10)へ

                      ※2 アルカリ中和能で徐々に元の皮膚のpHへ戻る
アルカリ中和能

市販されている多くの石鹸やボディーソープ、シャンプーなどは弱酸性と記載されていてもpH10前後のアルカリ性ですので、上記のように洗浄後の皮膚の表面はアルカリ性に傾きます。(※1)
通常、健康な肌の場合はアルカリを中和させる力(アルカリ中和能 ※2)があるので、約3時間で皮膚はもとのpH(弱酸性)に戻ってくるのですが、洗剤を使う水仕事が多い方やアトピー性皮膚炎などの過敏な炎症体質、ニキビ、湿疹、さらにはマメな洗浄を繰り返している方の場合はアルカリ中和能が低下してしまい、皮膚のpHの回復時間は通常の人の2倍近くかかると言われています。

皮膚のpHを酸性に保つ

洗浄後に皮膚のpHが酸性に戻ってくる途中、pH6〜8前後(弱アルカリ性)を通ります。
このpH値が皮膚病の原因とされているアクネ菌や黄色ブドウ球菌などが最も繁殖しやすい環境になります。
洗浄後は、できるだけ酸性度の高いお手入れ用品を使ってpH6〜8を速やかに通過させることで雑菌の繁殖を防いでくれます。
特に乾燥肌の方はpH値が6程度ですので普段でも雑菌が繁殖し易い状態ですので注意が必要です。

皮膚のバリア機能を大切に

皮脂膜は、水分蒸発を防いだり、外部刺激から皮膚を保護するバリア機能として大切な働きを持っています。
お風呂や洗顔の時に必要以上にゴシゴシと力を入れて洗ったり、強いかゆみで皮膚を何度も掻き崩したりしていると、皮脂膜が壊れたバリアレス状態になってしまいます。
皮脂膜が壊れることで、肌の潤いが逃げだして乾燥や炎症が治り難くなってしまいます。
手あれ、肌荒れ、アトピー肌、ニキビ肌でお悩みの方は皮脂膜を壊さない優しいお手入れを心がけましょう。
皮脂膜が壊れると、角質層から水分が失われて肌はカサカサと乾燥してきます。さらに悪化すると角質層にある潤い成分(天然保湿成分NMF)までが減ってきて、ひび割れてしまうほど乾燥してしまいます。
素肌を調える皮膚改善法

今までのお話から、以下のことが確認いただけたと思います。
1.手洗いや洗顔などは、なるべく洗浄剤は使わずに真水で洗うようにしてください。
  ※水道水で洗った後は、pH調整を速やかに行うローションなどを使用すると良いでしょう。
2.洗うときには皮脂膜を壊さないように優しく洗いましょう。
3.ベースとして使う化粧水などはPH5前後のものを使いましょう。

八仙堂では、弱った素肌を改善するために強電解酸性水のお取扱を始めました。
詳しくは、お問い合わせください。 メール:kanpou@hassendou.com  電話:042-769-0305(毎週水曜定休)
このページの先頭へ

Copyright(C) HASSENDOU All Rights Reserved.
ホーム / 漢方相談 / 漢方処方 / 生活養生法 / 漢方基礎知識 / 通信販売 / お問い合せ
サイトマップ / 個人情報保護方針