図1

漢方無料健相談の八仙堂としてご利用ください
薬局開設許可:医薬 第21-302-008号

サイトマップ 個人情報保護方針
HOME 漢方相談 漢方処方 生活養生法 漢方基礎知識 通信販売お問い合わせ

宿便

●宿便って何なの?
肥満や肌荒れの原因になるとして「宿便」という言葉を目にすることがあります。
宿便とは図1のように「水道管の内側にこびりついたヘドロのような古い便」
と言われています。
もともと腸壁はヒダ状になっているため、谷間の部分に便が入り込んで固まって
しまうという考えに基づいているようです。
しかし腸の中に便が年輪のように貼り付いたり蓄積するようなことは無いのです。

●宿便とは腸に貯まった古い便が正解 !!
腸の中(腸壁)は常に粘液がでています。また、常に蛇のような動き(蠕動運動)によって、
同じところが山になったり、谷になったりするのです。
その中を便が通過していくのですから、谷間に便がたまりっぱなしになるような事はありません。
むしろ、便秘状態によって古い便が腸の中にどんどん貯まっていく「滞留便」と言う考えが正しいのです。

●便の中味って?
便は体から速やかに排出させたい不要物です。
便には食べ物のカス・古くなって死滅した細胞などが含まれています。
不要な便を何日も溜め込むことで便中の毒素が体内に再吸収されて様々な病気を引き起こします。

●便秘が引き起こす病気
夏の炎天下に生ごみを放置するとどうですか? 相当な悪臭がして大騒ぎをすると思います。
腸内の温度は38〜39度と言われています。夏の炎天下よりも高温です。
その中に不要な便が何日も放置されるのですから腸内は大騒ぎになっていることでしょう。
わたし達の体は騒ぎを鎮めるために便から出た毒素を血管内へ再吸収する活動を始めます。
その状態が慢性的に繰り返されると下記のような病状が発生してしまうのです。

肌荒れ 吹出物・ニキビ 手足の冷え性
肥 満 のぼせやすい 下腹がでる
腹 痛 頭痛・肩こり
生理不順 アトピーの悪化 背中の痛み
糖尿病 高血圧症 大腸癌


★八仙堂お薦めの宿便退治法
滞留便をスムーズに肛門付近まで移動させるために、腸の蠕動運動を活発にして、自力排便の習慣をつけることを目標として、皆様の応援をしております。(右がイメージです)
このページの先頭へ

Copyright(C) HASSENDOU All Rights Reserved.
ホーム / 漢方相談 / 漢方処方 / 生活養生法 / 漢方基礎知識 / 通信販売 / お問い合せ
サイトマップ / 個人情報保護方針