漢方無料健相談の八仙堂としてご利用ください
薬局開設許可:医薬 第21-302-008号
サイトマップ 個人情報保護方針
HOME 漢方相談 漢方処方 生活養生法 漢方基礎知識 通信販売お問い合わせ

おっぱいケア

母乳は血液から作られます。出産による体力低下が長引くと良質な母乳も十分に作れません。
母乳保育は赤ちゃんの免疫力を高めてくれますので、良質な母乳をたくさん作れるように出産前
から取り組んでおきましょう。
(母乳と育児の話)

おっぱいケア

●妊娠5ヶ月頃から乳首から出てくる液体が乳頭表面で固まってしまうと、乾いて亀裂が
 できて乳腺炎の原因になります。入浴の時にベビーオイルなどで固まりを柔かくして
 とっておくようにしましょう。

●生まれたばかりの赤ちゃんは吸う力が弱いのでおっぱいが張って乳首が硬くなり
 すぎると上手に吸えません。乳首クリームなどで柔かくしてから授乳するようにしましょう。

●出産してすぐには母乳は増えません。
  赤ちゃんが吸うことで母乳を作るホルモンが刺激されて増えてきます。
  また、乳腺が閉じないように両方のおっぱいを10〜15分の間隔で均等に吸わせることが大切です。

母乳の出が悪い時

牛蒡子(ゴボウの種)、蒲公英根(たんぽぽの根)などがお薦めです。

乳腺炎などで乳房が張って痛む場合は、葛根湯を併用すると、身体を温めながら痛みを和らげてくれます。

このページの先頭へ

Copyright(C) HASSENDOU All Rights Reserved.
ホーム / 漢方相談 / 漢方処方 / 生活養生法 / 漢方基礎知識 / 通信販売 / お問い合せ
サイトマップ / 個人情報保護方針