漢方無料健相談の八仙堂としてご利用ください
薬局開設許可:医薬 第21-302-008号

サイトマップ 個人情報保護方針
HOME 漢方相談 漢方処方 生活養生法 漢方基礎知識 通信販売お問い合わせ

夏ばて解消

≪夏バテとは?≫
夏の暑さで体力の消耗をきたし身体がぐったり疲れることを言いますが、病気ではありません。
高温多湿な環境においての適応障害と考えられ、疲れやすい、食欲不振、体重減少などの症状が代表的です。しかし何も対処しないと疲労が蓄積して夏風邪や胃腸障害を起こしやすくなってしまいます。 『おかしいな !?』と感じたら早めの対策を考えましょう。
八仙堂ではタイプ別の生活養生法もご指導しておりますので、お気軽にご相談ください。

≪夏バテの原因≫
体が暑くなると、皮膚の血管は拡張して血液が体の表面に集まり、汗を出して体温の調節がおこなわれます。 夏の暑い日に湿度が高いと汗の蒸発が妨げられ、熱が体内にこもって疲れやすくなります。
又、夏になると暑さに耐えられるように体温調整を行っていますが、エアコンを効かせ過ぎると体温調整がうまく働かなくなり自律神経が乱れ、『夏の冷え症』などが起こります。
さらに、夏は熱帯夜も多く、寝苦しくて睡眠不足になったり、冷たいものを摂りすぎたり、生活のリズムが乱れがちです。その結果『夏バテ』を起こし、体の抵抗力も落ちてしまうのです。

≪夏を元気に乗り切るために〜生活の工夫 ≫
●クーラーと扇風機を上手に使う
 湿度が高い不快な日でも、除湿をするだけで不快感はかなり和らぎます。また、同じ温度でも風があると涼しく感じます。
 クーラーを使う際は温度は28度前後にして外気も少し入るように換気もしておきましょう。
 扇風機を使う場合も、体に直接風が当たらないように壁に一度あてた風が来るように角度を調節するように心がけましょう。

●寝つきをよくする工夫
 @就寝中のクーラーのつけっぱなしは、夏かぜや下痢・体調不良の原因になりますので禁物です。
  タイマーを忘れずにかけて眠るようにしましょう。
  どうしても暑くて寝苦しいときは、寝る前に寝室をクーラーで冷やしておくと、気持ちよく休めます。
 A適度な疲労感は快い睡眠を誘いますので、毎日軽い運動を取り入れるとよいでしょう。
 Bお風呂はぬるめにしてゆっくり入ると、自律神経を落ちつかせ心身がリラックスします。
 C部屋を青色系統にすると気分が爽快になり不快感が軽減できます。
 D寝る2時間前の暴飲・暴食は避けましょう。

●栄養のバランスを調える
 食欲がないからといって、そば・冷し中華などの麺類だけでは栄養不足。
 食事は量より質…食欲がなくても、1日3食きちんと摂ることが大切。
 食欲がない時は酸味や香辛料などを上手に使い、胃に負担の少ない消化の良いたんぱく質(大豆製品など)、
 ビタミン(野菜や果物など)・ミネラル(海草類など)をバランス良く、少しずついろいろな種類の食品を摂りましょう。

●冷たい飲み物を摂り過ぎない
 冷たいものの取り過ぎは胃腸の働きを低下します。冷たいものは一気にたくさん飲まないで少しずつ
 飲むようにしましょう。喉が渇いた時はミネラル分が多いルイボスティーを温かくして飲むと渇きが
 癒せます。また梅干のタネをしゃぶる方法も水分過多を防げます。
このページの先頭へ

Copyright(C) HASSENDOU All Rights Reserved.
ホーム / 漢方相談 / 漢方処方 / 生活養生法 / 漢方基礎知識 / 通信販売 / お問い合せ
サイトマップ / 個人情報保護方針