漢方無料健相談の八仙堂としてご利用ください
薬局開設許可:医薬 第21-302-008号
サイトマップ 個人情報保護方針
HOME 漢方相談 漢方処方 生活養生法 漢方基礎知識 通信販売お問い合わせ

耳鳴り

耳鳴りとは『外界からの正常な音刺激がないのに、耳あるいは
頭蓋(とうがい)内に音が感じられる状態』と定義づけられています。簡単にいうと『音源がないのに音が聞こえている状態』ということになります。
また、耳鳴りは外部から聴き取れる『他覚的耳鳴』と、本人しか聴き取れない『自覚的耳鳴』に大別され、その殆どが自覚的耳鳴になります。


自覚的耳鳴り 本人にしか聞こえない耳鳴りです。耳鳴りの殆どはこのタイプです。
原因や障害部位は様々ですが内耳や聴神経などが多いと言われています。
★耳鳴りやめまいを特徴としたメニエール病が最近増えてきています。
他覚的耳鳴り 検査などで聞こえる耳鳴りです。
音は脈に一致した拍動音が多く、血管音が原因と言われています。
他にも顎関節からの音や中耳の筋肉痙攣の音などもあると言われています。

耳鳴りの原因については、老化やストレス、職場の騒音、さらには高血圧症・更年期障害・動脈硬化・メニエール症候群・慢性中耳炎・貧血・偏頭痛などの慢性疾患にともなって起こる場合など様々で、耳鳴りの音については、「ジンジン」「ジージー」「ガンガン」「キーン」「ザーザー」など実に様々です。なお、耳鳴りでお悩みの多くの方に眩暈(めまい)や難聴をともなうことが報告されています。

初めは気にならなかった耳鳴りが徐々に気になってくることで、集中力低下、不眠、イライラ、うつ状態などの精神的ストレス症状で長い間苦しまれている方が多くみられます。このように耳鳴りという症状は人に言っても分かってもらえない症状が多く、病院で治療をしてもなかなか改善してこないことから殆どの方が諦めてしまっているようですが、最近では『耳鳴丸』などの耳鳴りに有効な商品が知られるようになり、耳鳴りの改善を漢方に求めてご相談に来られる方が増えてきています。

そこで今回は漢方で考える『耳鳴り対応処方』をタイプごとに分類したものを別表にまとめてみました。


タイプ

主な症状

代表処方

実証

頭痛、鼻水、発熱など風邪を引いた時などに急に起こる。
音は強め。低音性で風が吹く様な音。

風熱襲(ふうねつしゅう)(はい)

(かっ)(こん)(とう)

日頃から胸脇部が張る。慢性中耳炎。突発的な難聴を伴う。耳閉感がある。
音はゴーゴー
音。低音が聴き取りずらい。

(たん)()

小柴胡湯併香蘇散(しょうさいことうへいこうそさん)

日頃からストレスが多く、イライラして怒りっぽい。耳閉感を伴う。
音は大きく断続的で鐘の音や雷鳴音。

(かん)火上炎(かじょうえん)

大柴(だいさい)()(とう)
竜胆(りゅうたん)(しゃ)(かん)(とう)
(さい)()加竜骨(かりゅうこつ)牡蛎(ぼれい)(とう)

日頃から血液循環が悪く、更年期などで情緒不安になっている方に多い。
突発的に音を感じる場合が多い。

気滞瘀(きたいお)(けつ)

血府逐瘀(けっぷちくお)(とう)
加味(かみ)逍遥散(しょうようさん)

虚証

疲れが溜まる午後や生理後に多い。
耳を押さえると軽減する。
音は持続的でセミが鳴くような音

(かん)(けっ)(きょ)

七物(しちもつ)降下(こうか)(とう)

めまいや眼精疲労、手の震えを伴う。
音は断続的で時間によって変化する。

(かん)陽上亢(ようじょうこう)

(ちょう)藤散(とうさん)
(よく)肝散(かんさん)加陳皮半(かちんぴはん)()

手足の火照り、不眠、物忘れが多い。
難聴傾向で耳を押さえると軽減する。

音は持続的で夜間に音が強くなる。

(じん)(いん)(きょ)

耳鳴(じめい)(がん)
()菊地(ぎくじ)黄丸(おうがん)

冷え症、夜間尿、頻尿の方に多い。
音は持続的で夜間に音が強くなる。

(じん)(よう)(きょ)

八味地(はちみじ)黄丸(おうがん)
牛車(ごしゃ)(じん)()(がん)

動悸や息切れしやすい心配性に多い。
不眠症状が続くことで悪化しやすい。
音は小さく、聴力低下が顕著。

(しん)腎不交(じんふこう)

六味丸併(ろくみがんへい)(さん)(そう)(にん)(とう)

日頃から胃腸が弱い方に多い。
音は持続的で疲労によって増減する。

()()()(きょ)

半夏白朮天(はんげびゃくじゅつてん)()(とう)
苓桂朮甘(りょうけいじゅつかん)(とう)


最後に、体質というのは複雑に絡み合って混合型になっている場合や、季節やストレスなどで変動し易いので安易に服用せずに、必ず専門知識のある薬局や病院に相談されてから服用することをお薦めします。私ども八仙堂漢方薬局では、耳鳴りを改善して日常の生活がおくれることを目標として応援しています。ご近所でも遠方でも、お電話でもメールでも、無料相談を随時お受けしてますので、詳しくはお気軽にご相談くださいませ。
このページの先頭へ

Copyright(C) HASSENDOU All Rights Reserved.
ホーム / 漢方相談 / 漢方処方 / 生活養生法 / 漢方基礎知識 / 通信販売 / お問い合せ
サイトマップ / 個人情報保護方針