漢方無料健相談の八仙堂としてご利用ください
薬局開設許可:医薬 第21-302-008号

サイトマップ 個人情報保護方針
HOME 漢方相談 漢方処方 生活養生法 漢方基礎知識 通信販売お問い合わせ

夏風邪

ご存知の通り、風邪の原因の多くはウイルスによる急性感染ですが、漢方では風邪の諸症状を外敵の侵入を防ぐための防衛反応として考えます。本来、私たちの体には病邪(びょうじゃ)すなはち風邪のウイルスなどが体内に侵入することを防ぐ正気(せいき)と言う力(抵抗力・免疫力)が働いています。この正気が十分に満ちている時には病邪を体内に侵入させない抵抗が強いために、病邪と正気の戦いによって生じる『頭痛、肩こり、寒気、発熱などの風邪の諸症状』は強いものになります。
このような体内への病邪の侵入を防ぐ争いを邪正相争(じゃせいそうそう)と呼んでいます。手術後や老人の風邪は激しくなく、長引いてしまう傾向が強いのは正気が不足しているからです。夏によく使う漢方薬をご紹介しておきます。(別表参照)

弁証 共通症状 特徴的な症状 代表処方
表寒実 発汗なし
悪寒(強い寒気)
震えるような強い悪寒と発熱
頭痛・のどの渇きはない
麻黄湯
悪寒、肩や背中のこわばり
比較的元気がある
葛根湯
多量の透明な鼻水、咳・痰 小青竜湯
表寒虚 発汗あり
悪風(軽度の悪寒)
普段から元気がない
頭痛・寝汗・上半身の発汗
桂枝加黄耆湯
普段から元気がなく、肩や背中がこわばる 桂枝加葛根湯
胃腸虚弱、神経質、頭重感 香蘇散
表熱 熱感または軽度の悪寒、頭痛、目の充血、食欲は良好 のどの炎症、頭痛 銀翹解毒散
強いのどの炎症、強い咳、尿は色濃く少量 麻杏甘石湯
空咳、気管支炎、咳発作の際に発汗あり 五虎湯
表寒 悪寒なし
気分が優れない
吐き気、下痢・便秘
発汗あり、鼻づまり、普段から胃腸虚弱 参蘇飲
頭痛、頭重感、倦怠感、暑さによる食欲不振 かっ香正気散
冷えが強い、難便、普段から寒がりで元気がない 麻黄附子細辛湯

また、日頃から胃腸が弱いとあります。健康な生活を営む上で必要な()(エネルギー)、(けつ)(血液)は胃腸から作られますが、冷たい物の摂り過ぎや暑くて湿気の多い夏場に冷気を浴び過ぎると皮膚からの発汗ができず、体内に不要な熱がこもってしまい胃腸の働きが低下し、気血の生成不足となり十分な正気が発揮できなくなります。このような場合は、日頃から胃腸を丈夫にする補気剤を服用しておくのも予防として大切です。

胃腸の正常な働き(正気)を養う代表的な補気剤としては、補中益気湯、清暑益気湯、参苓白朮散、十全大補湯、などが良く使われます。
幼児や妊娠中の方でも服用できる処方もありますが、服用にあたっては漢方相談を行っている薬局または病院で現在の状態を確認されてから服用するようにしてください。

このページの先頭へ

Copyright(C) HASSENDOU All Rights Reserved.
ホーム / 漢方相談 / 漢方処方 / 生活養生法 / 漢方基礎知識 / 通信販売 / お問い合せ
サイトマップ / 個人情報保護方針