漢方無料健相談の八仙堂としてご利用ください
薬局開設許可:医薬 第21-302-008号
サイトマップ 個人情報保護方針
HOME 漢方相談 漢方処方 生活養生法 漢方基礎知識 通信販売お問い合わせ

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは?
最近ではアトピーというとアトピー性皮膚炎を指すようになりましたが、そもそも『アトピー』という言葉は奇妙な、分類できないなどの意味のギリシャ単語が語源なんですね。花粉症や喘息と同じようなアレルギー疾患の1つなんですが、遺伝要因が大きく、その80%の方が5歳までに発症すると言われています。主な症状は、皮膚の炎症、かゆみ、乾燥が中心です。

搔き崩しが治らない原因
アトピー性皮膚炎は『かゆみの悪循環』が原因で完治が難しいと言われています。
カユミに耐えられずに搔き崩すことを繰り返している内に皮膚の再生が間に合わなくなり、感染などを防ぐ皮膚のバリア機能が低下してしまいます。このカユミの悪循環を改善することで『掻き崩しを防いで皮膚の再生を促すこと』が改善への早道と言われています。

季節によるタイプの違い
①冬場に寒くなると、肌の乾燥が益々強くなるためにカユミが悪化する血虚生風型
②夏場に暑くなると、汗が刺激になってカユミがひどくなる血熱型
  また、夏場は細菌が繁殖しやすくなり、皮膚の炎症が悪化してカユミが強くなり易くなります。

世代別で見る症状の違い
乳児期 口の周りや頬に赤いポツポツ、ジュクジュクした発疹が出てきます。また首、肘のくぼみ、膝のうら、手首や足首などの汗のたまりやすい柔らかい部分が赤くなります。
幼小児期 顔面の発疹が減り、ヒジ・ヒザなどの関節部や体の発疹・耳切れなどが増えてきます。この時期になると皮膚の乾燥がはっきりと目立ってきます。
思春期
成人期
顔面、胸部、背部、肘の裏側、手首など上半身にカユミの強い赤みを帯びた発疹が強くあらわれ易くなります。
また思春期・成人期は、乳児期や幼小児期で治っていた方が再発しやすい時期とも言われます。

体質改善とスキンケアがポイント
アトピー性皮膚炎の遺伝情報を消し去ることはできないので、様々な面から過剰なアレルギー反応を抑える工夫が必要となってきます。
①炎症を抑える
 ⇒抗ヒスタミン剤、ステロイド剤、
   肌の乾燥を防ぐ補血剤・炎症を抑える清熱剤・かゆみを抑える止痒剤などを配合した
  漢方薬、などによる過剰反応の軽減
②感染を予防する
 ⇒バリア機能の低下している肌へ油分と水分のバランスを考えたマメなスキンケアの実践
③炎症を起こすアレルゲン(原因)を排除する
 ⇒アレルギー反応の原因を除去するために、ストレス、ほこり、偏った食事などを中心とした
  生活習慣の改善
 ⇒紫外線対策
このページの先頭へ

Copyright(C) HASSENDOU All Rights Reserved.
ホーム / 漢方相談 / 漢方処方 / 生活養生法 / 漢方基礎知識 / 通信販売 / お問い合せ
サイトマップ / 個人情報保護方針